公正証書

公正証書とは、法律の専門家である公証人が、法律に従って作成する公文書です。

公正証書には、
「公文書なので高い証明力がある(証拠能力)」
「内容により裁判をすることなく直ちに強制執行ができる(執行力)」
「原本は公証役場に20年間保管される(安全性)」

などのメリットがあります。

また、事業用定期借地権契書や任意後見契約など、公正証書にしなければ、法的な効力が認められない契約もあります。

しかし、作成のために公証人と何度も打ち合わせたり、何度も公証役場に足を運んだりするのは、平日の午前9時から午後5時まで(正午から午後1時までは休憩)という執務時間からも難しい場合があります。

公正証書の作成例

公正証書は、

・遺言公正証書 ・任意後見契約公正証書
・金銭消費貸借公正証書 ・土地建物賃貸借公正証書
・離婚公正証書

などがよく作成されています。

公正証書サポート

あおばサポート行政書士事務所では、

・作成内容についてのご相談
・公証人との打ち合わせ
・代理人としてのお手続き

など公正証書作成について、トータルでサポートいたします。

公正証書の作成にかかる実費

契約・遺言など法律行為に係る証書作成の手数料 目的の価額 公証人手数料など
~100万円 5,000円
100万円~200万円 7,000円
200万円~500万円 11,000円
500万円~1,000万円 17,000円
1,000万円~3,000万円 23,000円
3,000万円~5,000万円 29,000円
5,000万円~1億円 43,000円
任意後見契約 規定枚数以内(登記嘱託手数料・収入印紙代含む) 15,000円

なお、ご依頼いただいた場合、この他に行政書士報酬が必要となります。

Copyright(c) 2012 あおばサポート行政書士・社会福祉士事務所 All Rights Reserved.